難しい動物動画、どんな人でも可愛く撮れる方法

自由に動く可愛い動物の姿を撮る方法

レベルアップして見えるような動画作成のコツ

動画を撮影するための機材

動画を撮るためにはコンパクトデジタルカメラやビデオカメラ、また動画撮影機能の付いた一眼レフカメラ、もしくは今やほとんどの人が持っているスマートフォンの動画撮影アプリなどが必要になります。
これらにはそれぞれ特徴があるので、自分の撮りたい動画にあわせて使い分けていくといでしょう。

たとえばコンパクトデジタルカメラはその名の通りコンパクトなので手の届くところに置いておくことができていつでも気軽に撮影ができるというメリットがある反面、手ブレが気になったり画質が落ちるといったデメリットが考えられます。
一方ビデオカメラには手ぶれ補正機能がついているものが多く、さらにズームやオートフォーカスなどの機能面から見ても使いやすくなっているようです。
また、動画撮影機能付きの一眼レフカメラは文句なしのハイクオリティな動画を撮影することができるといいますが、カメラの知識が必要になるという点がデメリットと言えそうです。

動画編集ソフトがあれば上質な仕上がりに

無料でダウンロードできるという動画編集ソフトを利用すれば、撮影した後から上級者のような仕上がりの可愛い動画を作成することもできます。

要らない部分をカットして見せたいポイントをつなぎ合わせることによって視聴者を飽きさせないような興味深い動画に仕上げることも可能なのです。
また、撮影した動画の画質を調整したり再生する速度を調節したりすることもできるといいます。
動物たちの可愛らしい動きを強調するように編集したり、文字や音楽を挿入したりして効果的な動画を作りあげるためにも動画編集ソフトを利用するといいでしょう。

時間をかけて動物たちの決定的瞬間をとらえたとしても、そのままの状態でダラダラと映像を流すのでは見る人は疲れてしまいますので、だいたい30秒ぐらいにまとめておくことが理想的なようです。