難しい動物動画、どんな人でも可愛く撮れる方法

自由に動く可愛い動物の姿を撮る方法

動画を上手に撮影するためのポイントとは?

撮影する時の目線について意識する

被写体が野生動物の場合などは、危険をともなうこともあるので自己責任においてしっかりと安全を確保した上で動画撮影を行うことが大切です。
動物を撮影する時には主に二つの視点があり、この二つを意識するだけで動物動画のクオリティがアップすると言われています。

そのひとつは動物の目線になってみることです。
行動と感情の予想ができるよう場合には、しゃがんだりして動物たちの目線の先まで映りこむように撮影し、ストーリー仕立てで動画にセリフをつけてみるのもいいでしょう。

もうひとつの視点というのは、人間の目線で見下ろすようなかたちで撮影する方法です。
そうすると上目遣いの可愛い表情で何かを要求してくる動物たちの愛らしい姿をとらえることができ、本当にその動物を飼っているかのような感覚を味わえるかもしれません。

撮影環境を整えることも忘れずに

いつでもすぐに動画を撮れるようにしておくことが第一条件となりますが、そのためには常に撮影環境を整えておく必要があります。
動物たちの可愛い姿を撮影しようと咄嗟にカメラを構えるところまではいいのですが、周りの環境が乱雑になっていたとしたら台無しになってしまいます。

ゴチャゴチャとたくさんのものが置かれた状況下では、見る人は情報量が多すぎて動物に集中することができなくなってしまいます。
また動画を撮影する時にカメラを持ったまま歩くのはあまり良くないと言いますから、物がたくさんある状態では肝心の動物の姿が見えなくなってしまうかもしれません。
カメラを動かしたり、ズームを使うことなく動物をとらえ続けられるような撮影環境を整えておくことが大切だといいますから、まずはそこから始めてみるといいでしょう。