難しい動物動画、どんな人でも可愛く撮れる方法

自由に動く可愛い動物の姿を撮る方法

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

動物の動画を撮影する時の心構え

昨今の猫ブームも手伝って、ネット上にはかわいい猫たちの動画がたくさん出回っています。 自分も愛猫の可愛らしい姿を動画に収めて保存したりSNSにアップしたりしたいという時には、どのような点に注意すれば上手に撮影することができるのかを紹介していきたいと思います。

レベルアップして見えるような動画作成のコツ

動画を撮影する時に使用する機材やその後の処理によって、誰でも上級者のような仕上がりに見せることができるといいます。 ここで紹介する撮影機材の選び方や撮影した動画を編集する方法を参考にしながら、難しいとされている動物動画を可愛く仕上げるための方法を身につけていきましょう。

動画を上手に撮影するためのポイントとは?

動物動画を可愛く撮影するためのポイントは、至ってシンプルなものだと言います。 主に2つのポイントを意識することで動画の仕上がりがひと味もふた味も違ってくるといいます。 それでは誰でも簡単に可愛い動物動画を撮影できるというポイントについて見ていきましょう。

猫ならではの姿をとらえる

可愛い動物の動画を撮るためには、動物たちのペースに合わせて気長に取り組むというゆったりとした心構えが必要です。
決定的瞬間というものは狙って撮れるものではありませんから、むやみに追い回すような行動は動物にストレスを与えるだけでなく、せっかくの信頼関係に傷をつけてしまうおそれもあるのです。

動物たちの愛らしい姿というものは彼らがリラックスしている時にこそ自然に現れてくるものなので、のびのびと過ごすことのできる良質な空間を作ってあげることが大切ですし、撮影スケジュールにも余裕をもっておく必要があります。
しかし、そもそもスケジュールを組むという考え方自体がナンセンスだと思いませんか?
動物たちを思い通りに動かすことはできないのですから、どんな時でもすぐに動画撮影ができるように人間の方が準備をしておくしかないのです。

飼い主にとっては、ペットたちのどのような仕草であってもたまらなく可愛く見えるものだと思います。
ですが、たとえばSNSにアップするというような場合には不特定多数の視聴者に対して日頃触れ合うことのできない動物たちの可愛い姿を視覚や聴覚だけで伝えられるようにしなければなりません。そのような場合にはマニアックな可愛さよりも王道の可愛さの方が万人受けするかもしれないので、動画を撮影する目的やターゲットについて再度考えてみた方がいいでしょう。

そして言葉の通じない動物たちと真摯に向き合う覚悟で、その生態や行動パターンから推察される感情の変化を知ることができれば、可愛らしい姿を撮影できる確率がグンと上がってくるかもしれません。